サービス内容ビル/マンションのオーナさま個人のお客さま見積依頼質問
消防設備 消防設備点検とは

消防設備点検の必要性

高い費用をかけて導入した消防設備も年数がたてば、いざという時に完全に作動するかどうかわかりません。
さらに、【消防法 第17条の3の3】に基づき、建物のオーナー様は消防用設備の機能も含めた点検を定期的に行い、その結果を消防長又は消防署長に報告しなければなりません。
私どもは、その点検を行う事のできる総務省が定めた[消防設備士免状]を取得しており、専門技術を持ったスタッフが常に完全に機能を維持できるよう、点検・整備・工事を行います。

点検対象物について

定期点検が必要な防火対象物の一覧はこちら(別頁)

防災メンテナンスの消防設備点検

消防設備点検をしなかった場合

建物のオーナー様は消防設備の定期的な点検が義務付けられています。
消防法も改正され罰則も厳しくなっています。

点検の流れ

消防設備の定期点検には2種類あり「機器点検」と「総合点検」を半年毎に行うので、1年に2回点検が必要となります。
それぞれの設備ごとに決められた検査項目があり、私どもはそれに従って検査を行い、点検結果報告書の作成までを行います。

防災メンテナンスの消防設備工事

消防設備点検で不良箇所があった場合

点検書類を提出する際に回収計画書を併せて提出しなくてはなりません。
平成13年9月に発生した新宿雑居ビル火災での大惨事を経験に、平成14年に消防法は改正されました。
それに伴い修理を行わなかった場合の罰則も厳しくなっています。
私どもはほぼ全ての点検項目に対して、工事、修理を行えます。
なお、皆様の安全を考え点検時に誘導灯や表示灯の電球が切れていた際には無料交換などの対応も実施しております。

工事品目

私どもでは、以下の様な設備の工事、修理を行います。
是非お手軽にご相談ください。

消防設備業務一覧


 
 
 
 

  工事 整備 点検 販売
屋内(外)消火栓・スプリンクラー設備
泡消火設備
不活性ガス・ハロゲン・粉末消火設備
自動火災報知・ガス漏れ火災報知設備
はしご・救助袋・緩降機
消化器具  
漏電火災警報器
住宅用自動火災報知設備
住宅用火災警報器
住宅用消火器      
エアゾール式簡易消火器具      
住宅用自動消火装置
住宅用スプリンクラー設備
固定型消火機器      
天ぷら油消火用簡易装置        

備品販売

工事と併せて私どもは備品や消火器などの販売も行います。
是非お手軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら